カードローンの選び方

カードローンを選ぶ前に、自分が必要としているのはどのような融資サービスかをしっかりと見極める事が大事です。
利用目的や利用期間、利用金額などをよく考え、自分に合う商品、会社を選びましょう。きちんと計画を立てていれば返済もそれほど怖くありません。
また、ローンの金利というのは一律で決まっているわけではなく、18%~22.5%など幅があり、その中で借りる人の信用度によって上下します。
そのため、初めての借入れではまだ信用度が低いため、高い方の金利が適用されます。
ローン商品の金利を見る際、つい低いほうの金利に目が行きがちですが、初めて借入れる時は上限金額に近い金利になるということを念頭におき、最低金利を気にするよりも上限金利がより低いものを選ぶのがポイントです。

また、金融サービスを行うには、必ず各都道府県及び財務局に貸金業登録を行わなければならないことになっています。
借入れ先が安心できる会社であるかを確認する方法として、まずはこの登録番号が明記されているかを確認しましょう。
携帯電話の連絡先しか載せていない会社、他の貸金業者に比べて極端に金利が低い会社にはくれぐれも注意しましょう。

急にお金が必要に!今すぐ融資を受けたい。

スピード融資 まとまったお金が急に必要になり、とにかく早く融資を受けたいという人は、スピード融資、 即日振り込みを選びましょう。審査時間と融資までの時間で比較し、無駄な時間を極力省いて融資を受けましょう。

長期的なキャッシングや大きい借入れをしたい。

大口融資 まとまったお金が必要などの理由で、返済までの期間を長く取り、大きな金額で融資を受けたいという人は、 限度額や返済期間でローン商品を選ぶのがよいでしょう。カードローンの融資額や返済期間は ローン商品によって大きく異なります。必要な金額にあわせて比較検討しましょう。

いろいろなところから融資やキャッシングをしています。まとめて一本化したい。

おまとめ いくつもの金融機関から融資を受けていて、返済額や借入れの期限などの情報が把握しきれなかったり、 金利の返済がはかばかしくないという人は、ローンをまとめて一本化してみてはいかがでしょう。 管理も楽になり、コスト軽減も図れます。

カードローンの注意点

カードローンは、たとえ複数のローン会社に債務があっても借入れが可能な場合が多く、また利用のしやすさも手伝ってか 多重債務に陥りやすい傾向にあるようです。カード破産などという言葉からも無計画な借入れが危険を招く恐れがあることがうかがえます。

また、利用目的に対する規制がほとんどないため、ギャンブルなど生活に必要のない出費に使うこともできます。 そのため、前述のように次から次へと借金をふくらませるという結果になりがちなので、ご利用の際にはきちんとした計画に基づいた借入れ、 返済をするようにしましょう。

なお、カードローンは通常の借入れよりも返済期限が厳しく、一日でも返済が遅れるとローンカードはすぐに使用停止となり、 個人信用情報に事故情報として記録が残ります。カードローンでの融資を受けたときは、他にもまして期限をしっかり守ることが大切です。

タイプ別でカードローンを比較

全てのカードローン比較
総合カードローン比較

全ての掲載カードローンを比較しています。

融資スピード比較
融資スピード比較

審査から融資までのスピードに評判のあるカードローンです。

初めてのカードローン比較
初心者向け比較

初めて利用される方でも安心。

銀行系カードローン比較
銀行系比較

大手銀行の提供する安心の銀行系カードローン。

無利息カードローン比較
無利息比較

無利息期間のあるカードローンです。短期返済の方向け。

女性向けカードローン比較
女性向け比較

女性でも安心。女性向け・レディースローンの一覧です。

即日融資可カードローン比較
即日融資比較

お急ぎの方は即日融資可のカードローンを。

カードローンの基礎知識

カードローンシミュレーター

ローン用語集